延滞歴があっても借りれる

ブラックリスト経験者でも借りれる審査通りやすい消費者金融はある?

審査通りやすい消費者金融はブラックリスト経験者であっても借りれるのでしょうか。
結論から言えば、借入れが可能な場合もあります。

 

消費者金融会社の審査内容は公表されていませんので、絶対に借り入れられるとも絶対に不可能とも言えません。
というのも、過去にブラックリスト経験者であっても借り入れを行なえたという方は一定数いるようです。
もちろん借り入れを行うことが出来なかったという方も中には存在しています。

 

しかし審査の通りやすい消費者金融では、一般的に現在の返済能力を重視した審査が行われることが多いのが特徴です。
そのため過去の情報を審査内容に含めていなかったり、あるいは審査内容に含まれていたとしてもそれほど重視しない傾向にあるようです。

 

審査に通りにくい消費者金融と審査に通りやすい消費者金融の違いは、審査基準をどこに設けているかの違いなのです。
例えば勤続年数や雇用形態に基準がある場合もあれば、現在の借入状況を重視する会社もありますし、返済計画が立てられるかどうかか現在の収入を重視する会社もあるのです。

 

現在の収入重視の審査ならブラックでも借りれる

比較的審査に通りやすい消費者金融では、現在の借入状況や現在の収入を重視する傾向にありますので、ブラックリストに掲載されているか否か重要視されていないこともあります。
ブラックリストに記載されてから7年経過することでブラックリストからはデータが消えます。
なので、ブラックリスト経験者であっても7年経過している場合であれば審査に通り易き消費者金融のみならず、住宅ローンのような大きなローンであっても問題なく借り入れを行うことが出来るようになります。

 

しかし7年と言う数字は完済後または債務整理後7年と言うことですから、その間に借り入れが必要になることもあるでしょう。
そうした場合では、審査に通りやすいと言われている消費者金融を利用してみることをおすすめします。

 

ただし一般的にはブラックリストに掲載されている最中の借入れは難しいということを覚えて置いてください。

 

ブラックリストに掲載されるということは大きく信用を失うことになりますので、借入れを行う際にはそのことを十分に意識した上で借り入れを行う必要があります。
ブラックリスト経験者の場合で7年経過した後に借り入れが出来る状態であるか確認するためには、信用情報を開示し、データがないかどうか確認する方法もあります。

 

 

  • JICC 日本信用情報機構
  • 指定信用情報機関のCIC

 

ブラックリストに掲載されているかどうか不安な場合には、上記のような専門機関にチェックしてみることをおすすめします。
信用情報の開示は、ネット上から誰でも行うことが出来ます。