普通の消費者金融で借りる

学生でも審査に通りやすい消費者金融の見つけ方

かつての大学生は、親から仕送りをしてもらって自分は学業に専念するなんてことも可能でした。
しかし現在では、経済的な理由から親からの仕送り額が少なくなり、その穴埋めとしてお金を借りる学生が少なくありません。

 

学生だからと言って、普通の消費者金融でお金を借りられないわけではありません。
ただし、普通の消費者金融は20歳以上を申し込み条件としていますので、未成年の学生は申し込みすらできません。
未成年の学生が申し込みをする際、避けては通れないのが在籍確認です。

 

在籍確認とは、申込書に記載した勤務先に勤務実態があるか、消費者金融のスタッフが電話をかけて確認することです。
在籍確認は審査の一環ですので、これを避けて審査に通ることはできません。
ただし、アルバイト先の給与明細や源泉徴収票を提出できるのであれば、それによって在籍確認の審査を省略できる場合もあります。

 

学生ローンとの違いは

とはいえ、学生が審査に通りやすい消費者金融としてまず挙げられるのは「学生ローン」でしょう。
学生ローンと普通の消費者金融との違いとしてまず挙げられるのが、申し込み条件です。
学生ローンは18歳以上であれば申し込みができるところが少なくありません。
ただしその際には、親権者の同意が必要となりますが。

 

また、申し込みの際に必要な書類につきましても、学生ローンでは学生証を必要書類の一つとして利用可能です。
これ以外に免許証や住民票など公的機関が発行した書類が必要となります。
身分証明書が少ない学生にとっては、学生証が使えるのは大きなメリットですね。
前述した在籍確認についても、学生ローンでは行われないことが一般的です。

 

なぜ行われないのかというと、学生ローンでは収入の金額を一般の消費者金融ほど重視していないからです。
一般の消費者金融で「学生もOK」を打ち出しているところでも、実際の審査では収入が大きなポイントとなります。
それと比べて、学生ローンのメインターゲットは学生であり、学生に多くの収入は期待できないので、金額はあまり審査で重視されません。

 

審査に通過するためのポイント

学生が審査が通りやすい消費者金融の審査を通過するためには、まずは勤続年数がポイントとなります。
最低でも半年、できれば1年以上あるといいでしょう。

 

もう一つ、学生ローンが実施しているキャンペーンを利用するのも手です。
顧客獲得のため、「お友達紹介キャンペーン」を実施している学生ローンもあります。
紹介した人はキャッシュバックや金利優遇などのメリットがあり、紹介されて申し込んだ学生も審査に通りやすい可能性が高いです。