ブラックリストの掲載期間は?

債務整理後でも借りれる消費者金融はある?ブラックリストが不安なら

信用情報機関に事故情報として登録されることを、俗に「ブラックリスト入りする」といいますが、事故情報の内容によって登録される期間はまちまちです。
複数のカードローンやキャッシングに立て続けに申し込むことによって登録される「申し込みブラック」は、その登録機関が半年程度と短め。
延滞については、3か月以上延滞すると延滞中はずっと登録され、延滞が解消されてもそれから1年間は登録されます。

 

 

債務整理がブラックリストに登録される期間

これらのケースでは、登録される場合もありますし登録されない場合もあります。
しかし、債務整理(任意整理、個人再生、自己破産など)を行なうと、ほぼ一発でブラックリスト入りしてしまいます。

 

とはいえ、信用情報機関によって事故情報が登録される期間は異なります。
消費者金融などを対象とした「JICC」では、任意整理でも個人再生でも、自己破産でも登録期間は5年になります。

 

●JICC 日本信用情報機構
http://www.jicc.co.jp/

 

クレカや信販系を対象とした「CIC」では、自己破産のみ5年間登録されます。

 

●指定信用情報機関のCIC
http://www.cic.co.jp/

 

 

銀行を対象とした「KSC」では、任意整理では事故情報として登録されないものの、個人再生と自己破産では10年間も登録されてしまいますので、注意が必要です。

 

●全国銀行個人信用情報センター
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

 

このように、自分が「どの債務を整理したのか」によって、事故情報として掲載される期間も違えば、信用情報機関も違ってくることになります。

 

 

CICに登録している業者から借りればOK?

3社の信用情報機関の中で、もっとも事故情報の登録期間が短いのが「CIC」です。
しかも、自己破産情報のみが掲載されるということは、任意整理などの方法で借金を整理した場合は、大丈夫じゃないの?と思ってしまいますよね?

 

クレジット系や信販系からお金を借りればブラックで引っかかることはないのでは?とついつい考えますが、そう甘くはありません。

 

実際には、貸金業者の中には複数の信用情報機関に登録しているケースも多く、しかも信用情報機関はお互いの情報を共有しています。
そのため、どこかの信用機関で事故情報が登録されていると、情報は他の信用情報機関に筒抜けと考えた方がいいでしょう。

 

債務整理の後はどれくらい申し込みを控えればいいのか

任意整理を過去にした経験のある人は、念のため5年間は新規に審査通りやすい消費者金融に申し込まないのが賢明です。
個人再生と自己破産を行なった方は、多く見積もって10年間は、新規の審査通りやすい消費者金融に申し込むのは控えましょう。
「ブラックOK」という審査通りやすい消費者金融もなくはありませんが、金利が異常に高かったり取り立てが暴力的などの理由で、あまりおすすめできません。

 

■審査通りやすい消費者金融以外にお金を借りる方法
それ以外にブラックでもお金を借りられる方法としては、まずは質屋で借りる方法があります。
また、生命保険に加入している人であれば、解約返戻金の8割程度の範囲内で低金利でお金を借りられる「契約者貸付制度」を利用するのもいいでしょう。
→(参考)闇金以外で審査通りやすい貸金業者はどんなところ?
個人融資など得体のしれない借り先から融資を受けるのは絶対やめましょう。