主婦ローンと総量規制

かつて消費者金融が「サラリーマン金融」と呼ばれていた時代、その利用客のほとんどは文字通りサラリーマンでした。
しかし最近では、男性サラリーマン以外にも利用者は多岐に渡っており、とりわけ主婦の利用が増えています。
サラリーマンが遊興費や娯楽費に借りたお金を利用するケースが多いのに対して、主婦は生活費の足しに借りたお金を利用するケースが多いようです。

 

そんな主婦が審査に通りやすい消費者金融を探すのに避けては通れないのが、総量規制です。
総量規制とは、年収の3分の1以上の借入ができないルールで、もちろん主婦にも適用されます。
パートなどで働いている主婦で、年収が仮に100万円とするならば、限度額はその3分の1である33万円が上限となります。
その上で、比較的審査に通りやすい消費者金融は、いわゆる「レディースローン」でしょう。
レディースローンを提供している会社は、対応するスタッフが女性であることが大きな特徴で、借りる際の安心感も違います。
また、女性に対して数多くの審査をしていることから、審査も的確です。
「主婦だから」という理由で融資を渋る消費者金融とは異なり、その主婦の状況を過去の融資から的確に判断してしっかりと融資をしてくれるのです。

 

主婦は配偶者と収入を合算できる

ところが、主婦に関しては総量規制の例外事項があり、働いている主婦に関しては配偶者との収入を合算することができるのです。
年収100万円の主婦であっても、年収500万円の配偶者と収入を合算すれば年収は600万円となります。
これだけの収入があれば、ほとんどの消費者金融の審査には通りやすくなるでしょう。
ただし、配偶者の同意が必要なことは言うまでもありません。

 

専業主婦は銀行のカードローンも検討しよう

配偶者にはあまり頼りたくないが、自分は専業主婦なので収入がない、そんな人は合算もできないでしょう。
実は総量規制には対象外となる商品があり、その一つに銀行のカードローンがあります。
銀行のカードローンは、使い勝手こそ消費者金融並みですが、金利や限度額に関しては消費者金融よりも有利です。
自らの収入がない専業主婦でも、配偶者に収入があればカードローンに申込できます。

 

審査に通りやすくするためのポイント

審査に通りやすくするためには、いくつかポイントがあります。
まず働いている主婦の方は、勤続年数を長くしてから消費者金融に申し込みましょう。
借入目的を記入する際、正直に「生活費」と書かず「ショッピング」などと書けば、生活費には少なくとも困っていない印象を与えられます。
そして、電話番号は固定電話の番号を記入するといいでしょう。